白い歯にしたいのための総合口コミサイト。地域のホワイトニング歯科クリニックやホームホワイトニングの商品を徹底調査。歯の黄ばみは印象を悪くします。最近ではお手軽な価格で歯を白くすることができます。

ブログ

タバコのヤニで歯が黄色くなった!低コストで歯の汚れを綺麗にする方法

更新日:

ヘビースモーカーは「タバコがやめられない」だけでなく、歯の黄ばみにも悩みです。

30代、40代とトップセールスマンともなると顧客との商談が多くなり、黄ばずんだ歯を見せていたのでは印象が悪く、商売にも影響しようというものです。

若い人であれば、男女関係にも影響しますので、歯を白くしたいのは同じ。

ではタバコを吸う方はどのように歯の黄ばみを解決したらいいのでしょうか。

タバコのヤニによる黄ばみ

タバコのヤニ(タール)の汚れは、歯の表面にある「ペリクル」という薄い膜に付いたものです。タバコに含まれるタールは水溶性のため、だ液の中でタールが溶けます。

そのだ液がペリクルに染み込んで、歯が黄色くなります。

タールは水溶性であるため、タバコを吸った後で口をすすげば取れます。ただ、セールスマンともなると忙しさにかまけて、半日以上歯にタールを付けたまま放っておくようになり、その結果タールがペリクルに固着して黄ばみとなります。

注目の歯磨き粉「シロクナリーナ」

毎日の歯磨きによって歯を白くしていく歯磨き粉なんです。

シロクナリーナ

タバコで歯が黄ばんでいる人は、何とか白い歯を取り戻したいと思うことも多いでしょう。特に20代や30代の若い女性であればなおさらです。シロクナリーナに含まれている酸化チタンが汚れ落とし、歯のホワイトニングに効果をもたらします。

シロクナリーナが画期的なのは、市販のホワイトニングLEDライト機器を照射するとさらに効果が高まる点です。

もちろんLEDライトを使用しなくてもホワイトニング効果は十分にあります。

洗浄効果はもちろんのこと、口内細菌の繁殖を防ぐ殺菌効果、汚れが取れることによる消臭効果、歯が綺麗になることで汚れが再び付着するのを防ぐこともできます。しかも国内生産ですから安心感があります。

歯のクリーニングで黄ばみを落とす

タール以外の歯の黄ばみは「ホワイトニング」で歯の内側から漂白するしかありませんが、タールの黄ばみは歯の表面の汚れなので、「クリーニング」で落とせます。

クリーニング用のペーストを歯の表面に塗布し、クリーニング用機器で黄ばみを除去します。

色素が沈着してクリーニングで取れない場合は、ホワイトニングで歯の内部から漂白します。なお、ホワイトニングをするならクリーニングは必要ないとも思えますが、歯の表面にタールの汚れがついたままホワイトニングをすると、薬剤が浸透しないことがあるため、先にクリーニングをした方が効果が高くなります。

歯茎の黒ずみには「ガムピーリング」

タバコの汚れは歯だけではなく、歯茎にも起こります。ヘビースモーカーの歯茎の黒ずんでいることがありますが、これはタバコの「ニコチン」のせいです。ニコチンには血管を収縮させる働きがあり、歯茎の血管が収縮して血液の循環が滞ることで黒みがかって見えます。さらに、ニコチンには歯茎内のビタミンCを破壊する働きもあり、ビタミンCが不足することでメラニン色素が沈着し、黒味が増します。

歯茎の黒ずみはフェノールアルコールを歯茎の表面に塗布する「ガムピーリング」という方法できれいにできます。

ガムピーリングによって色素の沈着した薄皮を剥がすことで、新たな歯肉の再生を促します。

できるだけお金をかけずに歯を白くしたい!どの方法が低コスト?

タバコを吸う方の歯はほとんど黄ばんでいます。

そんな黄色い歯を見られるのは恥ずかしいと、人前で笑うのも躊躇してしまいますよね。しかし、歯のホワイトニングにそこまでお金をかけられないと悩む人も多いです。

お金をかけずに歯がホワイトニング出来たら、こんな嬉しい事ないですよね。

いくつもあるホワイトニング方法、その中でも低コストなのはどれなのでしょうか?タバコを吸う方必見の方法をまとめました。

一番低コストなのは重曹!

歯のホワイトニング方法で一番低コストなのが、重曹を使う方法です。

その価格は高くても1,000~2,000円、安いと数百円で済むので、出費が最小限で済むのが魅力なんです。ただ、重曹の場合、やり過ぎると逆に歯を傷つけてしまうので、使う時は強く擦らず、優しく歯を磨きましょう。

また、工場用の重曹は口に入れるのは危険なので、ホワイトニングに使う時は食用にしてくださいね。
食用の重曹でも、価格は1,000円ほどで済みますよ。

ホワイトニング用歯磨き粉も中々低コスト

歯のホワイトニング方法で一番ポピュラーなホワイトニング用歯磨き粉、これもコスト面では中々の安さを誇ります。高くても10,000円ほど、安いと2,000円ほどで購入できるので、お金をかけずにホワイトニングしたい人にオススメです。

ただし、ホワイトニング用歯磨き粉は種類によってホワイトニング効果に差があったり、あまりに低価格のものはホワイトニング効果が薄い場合があります。

10,000円でも歯医者でホワイトニングするよりは全然安いので、価格で選ぶより効果が期待できるかで選ぶと失敗しません。

また、研磨剤入りは歯に良くないので、避けてくださいね。

効果は高いけどコストも高いのが歯医者

歯のホワイトニングに高い効果が期待できる歯医者ですが、その分、料金は他の方法に比べても高めになってしまいます。

歯医者によっても差がありますが、安くて20,000円から、高いと50,000円ほどとかなり高額になっています。他に比べたら高い効果は期待でき、歯を真っ白にしたい人にはオススメですが、低コストでホワイトニングしたい人には向きません。

低コストがいいなら重曹かホワイトニング用歯磨き粉がベスト!

少しでもお金をかけずに歯をホワイトニングしたい、そんな人には重曹かホワイトニング用歯磨き粉のどちらかがオススメです。それぞれメリット・デメリットがある方法なので、自分の歯に合わせて選びましょう。

タバコのヤニが原因で歯が黄ばんでしまってら放置していても、自然と白には戻りません。

必ず歯のホワイトニングをして、歯を白に戻す努力をしてくださいね!

-ブログ

Copyright© 【歯のホワイトニング】口コミ・レビューまとめ , 2018 All Rights Reserved.