ホワイトニングを行うには歯科医院とデンタルエステがあります。歯科医院では、高いホワイトニング効果を得るがことができますがデンタルエステではエステサロンさながらの口元のケアも同時に行うことができます。ホワイトニングを行う際には自分がどのような効果を望んでいるかをきちんと理解して選択することが大切です。

ブログ

歯医者とデンタルエステの違いって何?それぞれのメリットとデメリットを比較

投稿日:

歯のホワイトニングを行うには、歯科医院以外にも、デンタルエステやデンタルサロンと呼ばれるところがります。

一見、どちらも同じようにホワイトニングを行えるように思いがちですが、それぞれの施術内容には大きな違いがあります。

では、歯科とデンタルエステやデンタルサロンの違いとはどんなものでしょうか。また、それぞれにメリットやデメリットはあるのでしょうか。

歯科医院とデンタルエステの大きな違いとは

一般的に医療機関はけがや病気を治したりするほか検査などを受けるところで、エステティックサロンは美容やリラクゼーションが目的の施術を受けるところ、という認識がなされているのではないでしょうか。

歯科とデンタルエステの関係も、おおむねこのような認識が当てはまるといっていいでしょう。

歯科医師や歯科衛生士が常駐している歯科医院では、ホワイトニング以外にも虫歯治療をはじめ、歯を抜いたり削ったり、注射や歯に詰め物やかぶせ物などを装着するなど、さまざまな医療行為に該当する治療が可能です。

一方デンタルエステでは、歯科医師や歯科衛生士は常駐していません。

デンタルエステの中には歯科衛生士のみが常駐しているところもありますが、歯科医師の指導のもとでしか行えない処置は数多くあり、一部の医療行為以外は認められていません。

このため、歯のホワイトニングにおいても、歯科医師の指導のもとでしか使えない医療機器やホワイトニングで用いられる過酸化水素などの医薬品はデンタルエステでは使えないことになります。

また、こうしたデンタルエステの中には、「セルフホワイトニングサロン」と呼ばれるサロンが多く存在しています。

セルフホワイトニングは歯科医院の一種やホワイトニング専門のクリニックではなく、歯科医師の診療を必要とせず、医療行為ではないホワイトニングを行います。

セルフホワイトニングサロンの中には、サロンでトレーニングを受けたスタッフがサービスにあたり、歯科医師はもちろん、歯科衛生士もいないところがあります。

こういったサロンではスタッフが利用者の口の中に手を入れることができないため、施術自体ができず、利用者自身で施術を行うことになります。

また、歯科医師のもとでしか使用することができない、過酸化水素などの薬液や、高出力のレーザー照射なども行うことができません。

このように、歯科医院では歯科医師が施術する「オフィスホワイトニング」を行うことができますが、歯科医師や歯科衛生士といった医療関係者が常駐していないデンタルエステでは歯を白くする効果は高いものの、医薬品にはあたらない薬液を独自に開発していたり、医療機器に当たらないLED光の照射装置などが使われることがあります。

ただし、効果はサロンによってばらつきがあるのが実情です。

歯科医院におけるホワイトニングのメリットとデメリット

まず、歯科医院で受けられるホワイトニングのメリットは、やはり効果の高い施術を受けられることにあるといっていいでしょう。

歯科医院では、オフィスホワイトニングのほかにも、自分の歯を型取りしたマウスピースを使用して、歯科医師の指導のもと、利用者が自宅でホワイトニングを行うこともできます。

これをホームホワイトニングといいますが、オフィスホワイトニング同様、歯科医師の診察やアドバイスを受けながら、高い効果や安全性確保しながらホワイトニングを行うことができます。

また、歯科医院で受けられるオフィスホワイトニングは知識や経験が豊富な歯科医師が専用の設備や薬剤を使って施術をするため、短期間で高い効果が得られるというメリットがあります。その分、オフィスホワイトニングは色戻りも早いのですが、弱い薬剤を使用し時間をかけてゆっくりと白くしていくホームホワイトニングと併用することで、比較的長い期間にわたって歯の白さを保つこともできます。

さらに、施術前に虫歯などの疾患が見つかった場合でも、歯科医院であればそのまま治療を受けることも可能です。

一方デメリットは、ホワイトニング効果の高い過酸化水素を使用するため、歯の表面にある保護膜を溶かし、歯の表面が荒れやすくなるということがあります。

保護膜自体は24~48時間程度で回復しますが、この間は注意が必要で、歯の神経にも強い刺激を与えるため、知覚過敏になりやすいともいわれます。これは、オフィスホワイトニングよりも濃度の低い薬剤を使用するホームホワイトニングでも同様です。

また、ホワイトニング自体が自由診療の範囲で、健康保険の適用外のため、歯科医院によって料金もさまざまで、ばらつきがあります。

デンタルエステにおけるメリットとデメリット

デンタルエステでは、やはり医療行為ができないため、効果の高い施術は難しいと考えておくべきでしょう。

しかしながら、意志が常駐していなければ使用できないような強い薬剤は使用できないため、歯や歯の神経に強い刺激を与えることは少ないともいえるかもしれません。

また、デンタルエステでは、歯科衛生士などが常駐しているかにもよりますが、ホワイトニング以外に、唇の古い表皮や角質を剥がして代謝を促す リップエステや、 舌のクリーニング、口元や鼻毛の脱毛といった、まさにエステのような口元全体のケアをトータルでできるメリットがあります。

さらに、歯科医師や歯科衛生士の人件費が省け、施術自体を利用者が行うこともあるため、自由診療となる歯科医院でのホワイトニングより平均費用は安く済む可能性もあります。

一方デメリットは、やはり歯科医師が常駐していないため、安心感が損なわれるということにあるでしょう。

医薬品の薬剤も使用できないため、効果も限定的な場合があります。また、虫歯などが見つかっても、その場で治療することはできません。

歯医者とデンタルエステの違いについてのまとめ

このように、同じように歯のホワイトニングを行う場合でも、歯科医院とデンタルエステでは効果も方法も大きな違いがあります。

ただし、ステインなどの歯の表面の汚れであれば、ホワイトニングにこだわらなくても、クリーニングによって見違えるように自然な白さを取り戻せる可能性もあります。

自分がどれくらいの費用をかけ、どのような効果を望んでいるかをきちんと理解し、ホワイトニングを行うようにするとよいでしょう。

-ブログ

Copyright© 【歯のホワイトニング】口コミ・レビューまとめ , 2018 All Rights Reserved.