白い歯にしたいのための総合口コミサイト。地域のホワイトニング歯科クリニックやホームホワイトニングの商品を徹底調査。歯の黄ばみは印象を悪くします。最近ではお手軽な価格で歯を白くすることができます。

【歯を白くする方法】歯の黄ばみの原因と解決策・それぞれのメリット・デメリットまとめ

歯が白い人は笑顔がとっても素敵

歯が白い人は笑顔がとっても素敵

歯の黄ばみにコンプレックスを感じていませんか?

黄ばみのない綺麗な白い歯にするためには、日頃の歯に対しての黄ばみ対策はもちろんですが、すでに黄色くなってしまった歯を白くするためにはホワイトニングがおすすめです。

最近では歯を白くするためのいろんなアイテムが販売されていますが、歯のホワイトニングに関しても手軽な料金で自宅で行えるホームホワイトニングから、細かいところまでキレイに白くするオフィスホワイトニングと選択肢も増えています。

このサイトでは歯の黄ばみ原因や、歯を白くするための情報をお伝えしていきます。

なぜ歯が黄色くなるの?歯の黄ばみに繋がる主な原因

歯の黄ばみに繋がる原因はいくつかありますので、ケース別にそれぞれの原因についてを伝えしていきます。

飲食物が原因で歯が黄ばむ

日常生活で口にする飲食物の中には歯の黄ばみに繋がる物があり、その後のケアを怠ると飲食物に含まれる色素が沈着してしまう可能性があります。

歯が黄ばんでしまう可能性がある飲み物としては、コーヒー、紅茶、ワインなどがあり、これらの飲み物に含まれるカテキンポリフェノールタンニンなどが歯の黄ばみの原因に繋がる成分です。

湯呑みに茶渋がこびり付いてしまい、洗ってもなかなか落ちない時があるように、歯にも起こってしまうと思えば歯が黄ばんでしまうというイメージもできるかと思います。

次に食べ物ですが、カレー、ソース、醤油などの色が濃い食べ物が歯の黄ばみの原因になります。

合成着色料が含まれている物も、合成着色料が歯に沈着してしまうと歯が黄ばんでしまう可能性があります。

「虫歯」はエナメル質を溶かす

虫歯

虫歯菌が発する酸によって歯のエナメル質が溶け出していまい、エナメル質の下にある象牙質が剥き出しなることで歯が黄ばんで見えてしまいます。

また、虫歯予防のために歯磨きは欠かせないとは思うのですが、歯磨き粉に含まれる研磨剤が歯のエナメル質を薄くしてしまい、黄色い象牙質が透けて見えてしまうことがありますので、虫歯を防いで白い歯をキープするために行う歯磨きもやり過ぎないように気を付ける必要があります。

先天的

遺伝性の病気が原因で歯が変色してしまうという先天的な場合があり、先天性ポルフィリン症、先天性梅毒、上皮小体機能亢進症、過ビリルビン血症、糖尿病などの病気が歯の変色に繋がる可能性があります。

タバコのヤニ

タバコのヤニ

タバコに含まれている成分によって壁紙やカーテンが黄色くなっていまう場合がありすが、これと同じことが歯でも起こってしまう可能性があります。

加齢

年齢を重ねていくと歯が黄色くなってしまいますが、その原因は年齢とともに歯の象牙質の色が濃くなってしまうのが原因の一つです。

長年の歯磨きで徐々に薄くなってしまった歯のエナメル質から色が濃くなった象牙質が透けて見えてしまうのが原因になっています。

斑状歯

虫歯の進行を抑える薬品を使用することにより、歯の表面に白や黒の斑点模様(まだら模様のシミ)ができてしまう場合があります。

しかし、治療法の改善により虫歯の進行を抑える薬品は使われなくなってきていますので、斑状歯が原因による歯の黄ばみは少なくなってはいます。

歯の形成期、永久歯では出生から満8歳までの間に高濃度のフッ化物を含む飲料水を継続的に飲用すると、歯のエナメル質が白く濁って見える、歯のフッ素症 (斑状歯) が発生することがあります。

フッ化物 - 歯とお口のことなら何でもわかる テーマパーク8020

 

歯のホワイトニングでオススメはどれ?それぞれのメリット・デメリット

歯の黄ばみを落とす方法は様々ありますが、それらの方法とメリット・デメリットを個別にお伝えしていきます。

歯を白くする歯磨き粉

歯磨き粉

市販されている歯磨き粉の中には、汚れを浮かせて落とす補助成分が含まれた歯磨き粉が販売されています。

これらの歯磨き粉を使用することによって着色してしまった歯の黄ばみを効果的に落とすことができます。

しかし、製品によっては研磨剤が強すぎる物もありますので、使用方法を守らないと歯や歯茎を傷つけてしまう可能性があります。

シロクナリーナ

自宅で手軽に歯のホワイトニングをすることができる光触媒歯磨き「シロクリーナ」。使い方はとっても簡単で、歯磨き粉に専用のLEDライトを照射し普通に歯を磨くだけ。歯磨き終了後にもう一度歯にLEDライトを当てたら完了というとってもお手軽なホワイトニングアイテムです。

ホワイトニングの秘密はシロクリーナに含まれている酸化チタンにライトを当てることで起こる光触媒反応。酸化チタンには洗浄殺菌、消臭、そして汚れの付着を防いでいる効果があるので、シロクリーナを毎日使うことで真っ白なきれいな歯を簡単に手に入れることができるのですね。

ホワイトニング効果のある歯磨き粉11選!歯磨き粉の選び方と効果を調査

 

歯を白くするペン

歯を白くするペン

ペンタイプの形状で歯を白くする効果があると謳って販売されています。

ペン先を歯を磨くことで歯を白くする製品なので、手軽さという観点ではとても優れていますが、しかし、歯を白くするペン自体に歯を白くする効果がある訳ではなく、別の方法でホワイトニングした後のメンテナンスに使う程度の役割しかありません。

ホワイトニングペンで歯の黄ばみを白くできる?効果と使い方を解説

自宅で行うホームホワイトニング

ホームホワイトニング

ホワイトニングと聞くと歯医者や美容サロンなどで施術をしてもらうというイメージがあると思いますが、最近では自宅でできるホームホワイトニングという手法を取り入れている人も多くなってきています。

そもそもホームホワイトニングとは、歯医者などでホワイトニング用のマウスピースを作成してもらい、自宅で歯のホワイトニングを行う手法です。

このホームホワイトニングのメリットとしては、自分の時間でメンテナンスができますので、時間を作りにくい方にはおすすめの方法です。

費用面でも歯医者などでホワイトニングの施術を受けるよりも安い費用でホワイトニングの施術を行うことができます。ただしホームホワイトニングでは歯医者などの専門業者で使われるホワイトニング剤よりも効果の弱い薬剤を使うケースが多いです。

ホームホワイトニングのメリットとデメリット

ホームホワイトニングでも十分という方もいれば、それだけでは期待していた白さになっていないと、効果には個人差があります。

ホームホワイトニングは、歯の白さを実感するまでに二週間程度が掛かってしまうことと、一回のメンテナンスに二時間程度の時間を要する作業ですので、マウスピースが苦手が人には二時間の着用はとても大変な作業かもしれません。

ホームホワイトニングでは食事制限もあり、ホームホワイトニングの作業を行った後の半日から1日の間はコーヒーやワイン、カレーなどの色素沈着しやすい飲食物を控えなくてはいけません。

歯医者で行うオフィスホワイトニング

歯科専門で行うオフィスホワイトニング

歯医者などで行うホワイトニング治療では、その施術自体が医療行為にあたる手法を用いています。

そのため、自宅で行うホワイトニングよりもホワイトニング効果に即効性がありますし、施術時間も短時間で済みます。やり方によって異なりますが、ホワイトニングの施術を受けたすぐ後でも食事をしても大丈夫なところもあります。

オフィスホワイトニングのメリットやデメリット

保険適用外の施術ですので費用面では負担が大きくなるのがネックになります。

ホワイトニングをする前に知っておきたい気になること

ホワイトニングの効果がない人もいる

歯の色素沈着が重度の場合だとホワイトニングの効果が得られないケースがあります。また、過去の治療で付けたプラスチックの詰め物や被せ物ではホワイトニングをしても白くなりません。

神経が死んでいる歯は白くならない?

ホワイトニングは神経が生きている天然の歯ですと効果的な施術になっていますが、歯の神経が死んでしまっても効果を得られる場合があります。

神経の死んでしまった歯ですと表側から行うホワイトニングでは完全に白くすることはできませんが、歯の変色具合や状態によっては白くできる場合があります。

通常のホワイトニングで用いられる表側に施術をする方法では効果が得られない人は、歯の中に直接薬剤を投入する方法がありますので神経が死んでしまった歯だとしても諦める必要はありません。

通常のホワイトニングで効果が現れる状態なのかは専門家に見てもらわないと分からないのですので、歯科医院や美容サロンで直接見てもらいましょう。

薬剤を直接入れる方法に関してなのですが、この方法に対応している医院が少なくなっていますので、神経が死んでいる歯はホワイトニングしても白くはならないと考えた方が賢明だと思います。

無カタラーゼ症と知覚過敏の人はホワイトニングできない?

歯のホワイトニングでは過酸化水素を使った施術が多く、市販されているホワイトニング剤にも過酸化水素が含まれている製品が多くあります。

従って、過酸化水素を分解することができない無カタラーゼ症と診断されている人は口腔壊死などを引き起こす恐れがありますのでホワイトニング施術を受けるのは非常に危険です。

さらに、高濃度の薬剤を使用するオフィスホワイトニングでは、ホワイトニングの施術の際に痛みを伴う恐れがあります。

そのため、知覚過敏の人が施術を受けると痛みが生じる可能性がありますので、まずは知覚過敏を直してからホワイトニングの施術を受けることをおすすめします。

普段の生活で行える黄ばみ対策について

普段の生活でできる黄ばみ対策としては、飲食後に歯磨きうがいをするなどが最も簡単な対策法です。要するに日頃からのケアが大切になってきます。

日頃からケアする意識を高めることにより、歯に色素が沈着しやすい飲食物を意識的に気にすることで、普段の生活での黄ばみ対策に繋がっていきます。

また、歯磨き粉などの口腔ケア製品にも様々あり、ホワイトニング効果が期待できる成分が含まれている歯磨き粉なども販売されていますし、歯磨き粉以外にもホワイトニングペンなど様々なホワイトニンググッズがありますので、そういった製品を意識的に普段の生活に取り入れるのも白い歯を保つ対策の一つです。

歯を清潔に保つことは黄ばみ対策に繋がるのは勿論なのですが、それ以外にも注意した方がいいのが精神的な体調管理です。

普段の生活でストレスが溜まってしまうと口腔内にも異常を起こす場合があり、ストレスから来る口腔内の乾燥が原因で細菌が繁殖しやすい口内環境になってしまいます。

口の中の細菌が繁殖することで虫歯ができてしまうことに繋がってしまいますし、白い歯を保つために重要なエナメル質が薄くなっていまうという状態に繋がってしまいう可能性があります。

なので、口腔ケアをすると同時にストレスオフの生活を心がけることも大切で、その結果として普段の生活を送る中で白い歯を保つための対策に繋がっていきます。

歯を白くするだけで印象がよくなる!良いことも増える

印象がよくなる

 

芸能人は歯が命」というセリフをよく耳にした時代もありましたし、それに伴って芸能人はもとより一般の人にも歯の美容意識が高まって来ています。

美容意識の向上と平行し、ホワイトニング技術も時代とともに多様化しています。

そんな時代ですので、人の視線が歯に向けられる割合も多くなってきて、歯の綺麗さで印象が決まってしまうケースが増えているといっても過言ではありません。

特に、歯にコンプレックスを感じている人は他人の口元に視線を送りがちになっていますし、私自身も他人の歯に注目してしまう傾向があります。

また、綺麗な歯を持っている人とそうでない人では第一印象以外にもデメリットがあり、歯を気にして不自然な笑顔になってしまったり、自分の口をかばって人付き合いが上手くいかない場合もあるかと思います。

そんな肩身の狭い生活を送ることを考えれば、歯のホワイトニングを行って気持ち良く日常生活を過ごせる環境を築くだけでも大いにメリットがありますよね。

綺麗な白い歯を手に入れることは、他人の目を気にしなくて済むようになるだけではなく、自分の性格自体も明るくなりますので、私生活以外、仕事などにも大きな影響を与えるでしょう。

一概には言えませんが、就職の面接時にも歯の綺麗さが影響する場合がありますし、歯の美容意識を高めることで得られる恩恵はたくさんあります。

歯の黄ばみとホワイトニングについてのまとめ

自身の歯の状態によって様々なホワイトニング方法がありますし、自宅で簡単にできる黄ばみ対策なども色々あることあります。

その中のほんの一部ではありますが、歯の白さ保つための知識を高め、日頃からできる黄ばみ対策などにも参考にしてもらえれば嬉しく思います。

更新日:

歯のホワイトニング 口コミまとめ

Copyright© 【歯のホワイトニング】口コミ・レビューまとめ , 2018 All Rights Reserved.